患者さんのひと工夫

6歳 男児

ふざけていて扉の金具に頭をぶつけた。
以前,兄弟が当院を受診したことがあり,治療材料が自宅にあったため,プラスモイストを使用して
応急処置をされていた時のひと工夫。

ひと工夫
創面を挟んでヘアピンを留め,そこをテープの橋渡しにしてプラスモイストで覆っていた。
診察したところ1㎝の浅い裂傷であったため,軟膏(ワセリン)を処方して何回か創面に塗っていただくように説明する。

2018-08-07 : 治療 : コメント : 0 :

よくある質問(キズの応急処置)

ケガ
2018-08-06 : 治療 : コメント : 0 :

患者さんのひと工夫

64歳 女性(左足背熱傷)

揚げ物をしていた鍋を落とし,右足にヤケドを負い現在治療中。

7月23日に創部のカバーのひと工夫を掲載させていただきましたが、、
また新たにひと工夫をされていたので紹介します。

足の熱傷の患者さんは、立ち上がる時の足首周辺の痛み、歩行時の衝撃による痛みを言われる方が多くいます。

そこで、
ひと工夫1
まず果物などについている緩衝用シートを靴の中に敷き、

ひと工夫2
半分にカットしたペットボトルをその上に載せて衝撃を和らげる工夫をされていました。

※ペットボトルはア○エ○アスなどの底が四角いボトルがいいとのことです。


2018-08-03 : 治療 : コメント : 0 :

今日の症例(手指Ⅱ度熱傷)

30代女性(右手指背側Ⅱ度熱傷)

麺を茹でていて、ゆで汁で右手にヤケドを負った。

熱傷1
《受傷当日》
手2.3指背側のⅡ度熱傷。
一部に水疱形成あり。

   熱傷3
この程度の水疱の場合は破かずにハイドロコロイド包帯を創面に直接貼る。
その上から螺旋状に医療用の紙テープを貼ると剥がれにくい。

※水仕事をする方はハイドロコロイド包帯を大きめ(全周)に貼ると良い。

2018-08-01 : 治療 : コメント : 0 :

よくある質問(ハイドロコロイドドレッシングの固定)

固定
2018-07-31 : 治療 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板