よくある質問(口の中のヤケドについて)

口の中のヤケド
2019-02-18 : 熱傷 : コメント : 0 :

ひと工夫(ゴム手袋による保護)

30代 男性(右示指指尖部欠損)

仕事中に包丁で指先を切った。
血がなかなか止まらず,心配になり当クリニックに来院された。
右の人差し指の先が削げていたため,ヘモスタパッドを当てテープで固定。
その上は浸出液が漏れても吸収できるようにペット用のシートで覆った(写真はありません)。
これから配達の仕事をしなくてはいけないため,出来るだけ目立たず,仕事に支障がないようにと希望されたので,
ゴム手袋を使ってひと工夫した。

手工夫1
使い捨てゴム手袋の指の部分をカットし。。。

手工夫2
治療材料を当てた上から,カットしたゴム手袋を被せて取れないようにテープで固定した。


2019-02-15 : 固定の仕方 : コメント : 0 :

今日の症例(肥厚性瘢痕部の潰瘍形成に対する処置)

1歳6ヶ月 女児(右前腕Ⅲ度熱傷)

H30.6月にヘアアイロン(電源が入っていた)のコードを引っ張って落とし,右腕に熱傷を負った。
近医でフィブラスト+ワセリンで治療していたが,できるだけ傷跡がの残らない治療を希望され当クリニックに受診された。

ha3
《受傷3日後》
医師より,深いやけどではあるが皮膚移植しなくても治ること,傷跡は多少残るが運動障害は起こらないと説明。
ズイコウパッド+ワセリンで治療開始。

ha4.png
《受傷114日》
上皮化終了。
肥厚性瘢痕の治療(ドレニゾンテープ)開始。

ドレニゾン1
《受傷287日》
成長に伴い一部潰瘍ができてきた為,中心部にハイドロコロイド包帯を小さく貼り,その上からドレニゾンテープを貼っていただくよう説明する。

ドレニゾン2
《受傷318日》
潰瘍部分が治癒する。
再びドレニゾンテープの治療のみ開始する。
現在も治療を継続中。

2019-02-13 : キズ跡 : コメント : 0 :

今日の症例(抗がん剤治療による皮膚潰瘍)

70代 男性

3年前から肺がんで抗癌剤治療を受けている。
薬の副作用で足の指がジクジクしてしまい痛い。
リンデロン軟膏が処方されて塗っていたが良くならないとのことで受診された。


抗がん剤による皮膚炎1
足指全体が軽度の循環障害があり,乾燥もしている。

抗がん剤による皮膚炎2
潰瘍部分の治療,乾燥予防,皮膚の保護を兼ねてハイドロコロイド包帯を貼って様子をみる。
皮膚が脆弱なためハイドロコロイド包帯が剥がれたら交換していただくように説明する。

2019-02-08 : その他 : コメント : 0 :

よくある質問(乳首の亀裂について)

母乳 乳首の亀裂

ワセリンについて  夏井睦 新しい創傷治療より

2019-02-06 : 裂傷 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板