今日の症例(太もものヤケド・・化膿した状態)

40代 女性(大腿部Ⅱ度熱傷)

仕事中に太ももに油がかかってしまった。
近位を受診して軟膏(ゲーベンクリーム)+ガーゼで処置をしていたが,
徐々に痛くなってきたため,当クリニックを受診された。
現在治療している病気はない。現在も治療中。

感染
《受傷4日目 クリニック受診1日目》
体温36.8度 その他異常なし。
キズ口とその周辺にかけて赤くなっており,軽く腫れている。
足をつくと痛みがあるとのこと。

【医師の説明】
キズ口にバイキンがついて化膿している状態です。
抗生剤の点滴と化膿止めを処方します。
そのうちに収まってきますが,数日間はできるだけ安静にしていて下さい。
キズ口の治療は湿潤治療(ズイコウパッド+ワセリン)で治していきます。

※キズ口の表面を覆っている白いぷよぷよした膜(フィブリン膜)は取り除くこと。
 化膿している時は被覆材が創面に触れるだけで痛いため,ワセリンを多めに塗ることが多い。

2019-05-17 : 熱傷 : コメント : 0 :

今日の症例(右足のやけど)

40代女性(右下腿Ⅱ度熱傷)

テーブルの上の鍋をひっくり返して右足にヤケドを負った。
近医を受診してアズノール軟膏を塗って様子をみるように言われたが,傷跡が残るのが心配になりクリニックを受診された。


熱傷1
右上にある一部(水ぶくれができていた部分)を残して浅いヤケドであったため,

Inked熱傷1゛_LI
右上(黄色線)部分にはハイドロコロイド包帯を毎日交換していただき,その他(しろ線)部分には医療用フィルムが自然と剥がれる
まで貼り続くけて下さいとお伝えする。その後はそのまま自宅で様子をみていただく。

※浅いヤケドにはワセリンのみでもいいが,衣服に擦れて痛がる時はフィルムを貼ることが多い。

2019-02-22 : 熱傷 : コメント : 0 :

今日の気付き(湿潤部分と乾燥させた部分の創面の違い)

40代 女性(両大腿部Ⅱ度熱傷)

圧力鍋の蓋を開けた時に熱湯が吹き出て,両手(Ⅰ度)と両下肢にやけどを負った。
近医を受診してアクトシン軟膏+ガーゼで処置を受けたが,痛みが強くなり当クリニックを受診された。

治療材料:ズイコウパッド

乾燥1
《受傷5日目》
ガーゼを剥がすと1ヶ所水疱が破れてガーゼが固着していた。
その他の部分は皮膜で覆われていた。

Inked軟膏(アクトシン1,)_LI
点線部分はアクトシン軟膏+ガーゼが創面に直に当たっていた部分である。
その他の残った被膜を取り除くと,その部分はみずみずしい熱傷創面となっており,皮膜により湿潤環境が保たれていたため
乾燥が防げたと思われる。
現在もズイコウパッド+ワセリンで治療継続中。

2019-02-05 : 熱傷 : コメント : 0 :

今日の症例(スープによるヤケド)

9歳 男児(左大腿Ⅰ度熱傷)

朝にスープを飲もうとしたら太ももにカップを落としてしまった。

ズープ熱傷1
《受傷当日》
このように浅い熱傷は。。。
スープによる熱傷2
医療用のフィルムを使用しても良い。
(医療用フィルムの角を丸くカットしたほうが剥がれにくい)

スープによる熱傷3
《翌日》
医療用フィルムを剥がしたところ,新たに水ぶくれが出来ていないので,
ワセリンで数日間塗って乾燥予防していただくように説明する。

2019-01-25 : 熱傷 : コメント : 0 :

今日の症例(電気ストーブによる低温熱傷)

30代女性(左側腹部Ⅰ度熱傷)

背中が寒かったため電気ストーブを使用してテレビを見ていたところ(2時間程度),突然脇腹が痛くなった。
当日はオロナインを塗って様子をみていたが,翌日に脇腹をみると皮膚の色が変わっていたので心配になり
当クリニックを受診された。

温熱性紅斑
《受傷1日目》
網目状に色素沈着がある。
ピリピリした痛みがあるとのこと。

【医師の説明】
これは温熱性紅斑といって,同じところに熱が加わったことによる軽い低温熱傷です。
ピリピリした痛みにはワセリンを塗って保護するのがいいでしょう。
痛みがなくなったら軟膏は不要です。
網目状の色素沈着は,時間と共に薄くなっていくので様子を見ていきましょう。

2019-01-09 : 熱傷 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板