今日の症例(術後の傷跡のピリピリした痛み)

50代 女性(右大腿外側の潰瘍形成と傷跡のピリピリした痛み)

H30年10月に近医で右大腿部の人工股関節置換術を受けた。
2ヶ月後,傷口が痛くなったため主治医に相談し,切開して内側に縫っている糸を抜糸したが,
傷口がなかなか塞がらないため心配になり当クリニックを受診した。

傷跡の痒み1
一箇所,小さな潰瘍があった。
縫合糸膿瘍と思われるがセッシでも糸が触れなかったため,ハイドロコロイド包帯を使用して様子を見ることにする。

傷跡の痒み2
※不明瞭ですみません
傷跡がピリピリする部分にはハイドロコロイド包帯をしばらく貼ると衣服が擦れることがなくて生活しやすい。

2019-01-22 : キズ跡 : コメント : 0 :

キズ跡について

当クリニックはキズをできるだけ早く,痛くなく,キレイに治すことを謳った湿潤治療を行っています。

キズ跡に関しては,擦りむきキズやⅡ度までのヤケドはキズ跡が全く残らないか,
残ったとしても他人には分からない程度のキズ跡になります。
しかし,切り傷や手術跡などの傷跡に関しては,湿潤治療を行っても一生消えることはありません。
(切り傷や手術跡の治療も行っていますので,治療を希望される方は御相談下さい)。

夏井先生は,傷の経過やキズ跡に関しての説明は,今まで治療された患者さんの写真をお見せして説明をしています。
それは,口頭でいくら説明しても限界があるため,症例の写真を提示することで共通の認識となるからです。
そのうえで,機能的に使える身体にすることが大切であることをお伝えしています。

とは言うものの,患者さんや家族にとっては,いつも目にするキズ跡はとても精神的に負担を伴います。
そのため,私にできることは充分に頑張っている患者さんや家族を受け止めてあげることです。
患者さんや家族があの時こうしていればよかったなど,今後,自身を非難せずに前を向いていけるように
看護師としてこれからも関わり続けたいと思います。
2018-11-09 : キズ跡 : コメント : 0 :

よくある質問(傷跡について)

傷跡
2018-09-04 : キズ跡 : コメント : 0 :

今日の症例(キズ跡について)

5歳 女児(右下腿Ⅱ度熱傷)

自宅でスープをひっくり返してしまい右下腿にヤケドをした。
近くのクリニックを転々として,アズノール軟膏やフィブラストスプレー+ガーゼの治療をされていた。
上皮化した後のデコボコしたキズ跡が気になり,当クリニックを受診された。

症例

【医師の説明】
凹凸ができてしまった箇所はスープが直接かかった部分で一番深かったのもありますが,
今まで使われていた軟膏とガーゼによる組織の障害性によるものが考えられます。
今は色調が違うので凹凸が特に気になると思います。
徐々に目立たなくはなりますが,この凹凸のキズ跡は残ってしまう可能性があります。
現在はワセリンによる乾燥予防とUVカットをして様子をみていきましょう。

2018-09-03 : キズ跡 : コメント : 0 :

よくある質問(湿潤治療を行うとキズはキレイに治りますか?)

キズ跡
2018-08-21 : キズ跡 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板