今日の症例(指のやけどが突っ張る)

10代男性 (左中指・環指・小指Ⅱ度熱傷)

大学での実験中に左3~5指を熱湯に入れてしまった。
直ぐに近くの皮膚科を受診し軟膏(ゲーベンクリーム)とガーゼで治療をしていた。
2週間で治らなければ植皮になると説明を受けている。
知り合いにより当クリニックを進められて受診した。

治療材料:ハイドロコロイド包帯

指 ヤケド突つっぱる
《受傷7日目》
浅いⅡ度熱傷で水疱膜が残っている。
また剥がす時に一部ガーゼが皮膚に張り付いていた。

ご本人が指の突っ張りについて心配されていた。
これは一部ガーゼが創面を付着していたことによるものと,水疱膜が残っていることによる突っ張りだと考えられる。

指 やけど突っ張る”
このような時は,治療材料を創傷被覆剤に変更し,水疱膜を取り除くと突っ張りが取れる。
ハイドロコロイド被覆材を水疱膜の上から貼ると,翌日剥がした時に簡単に取れる。

2019-09-20 : 熱傷 : コメント : 0 :

よくある質問(水ぶくれが破れない工夫はありますか?)

水疱を破かない方法は?
2019-07-22 : 熱傷 : コメント : 0 :

よくある質問(水ぶくれのうえにハイドロコロイド被覆材を貼ってもいいの?)

ハイドロコロイド,水疱
2019-06-12 : 熱傷 : コメント : 0 :

夏に多いヤケド

夏に多いヤケド
2019-05-22 : 熱傷 : コメント : 1 :

患者さんの工夫(上皮化後の保護にマスク+α使用)

40代 女性(顔面・前胸部Ⅱ度熱傷)

調理中にフライパンの油を顔,胸にかけてしまいヤケドを負ってしまった。
緊急で近医を受診し,消毒とガーゼで治療され帰宅。
以前から湿潤治療を知っていたため,帰宅後ハイドロコロイドを貼っておき,週明けに当クリニックを受診された。
当クリニックでは顔面はハイドロコロイド包帯,前胸部はズイコウパッドで治療。
顔は上皮化したため,遮光目的でハイドロコロイド材を貼っていただくようお話しした。

しかし,顔に貼っているハイドロコロイド被覆材を剥がす時の刺激が苦痛であったとのこと。
そこで考えた患者さんのひと工夫。

患者さんの工夫(上皮化後”)
昼間は創面にワセリンを塗った上から,針で穴をあけた食品用ラップ+マスク+生理用ナプキン。
(今の時期はマスクの表面にUVカットスプレー(ハーブの香り)を施して通勤しているとのこと)
夜間は創面にワセリンを塗った上から,マスク+生理用ナプキンを貼って治療を行っていた。

診察時に確認したところ,ピリピリとした創面の痛みは持続しているが,キレイに上皮化していた。

◎患者さんが工夫したマスク+生理用ナプキンを作って持ってきて下さいました。
 ありがとうございました。

2019-04-02 : 熱傷 : コメント : 5 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板