今日の症例(左足くるぶし 床ずれ)

20代 女性(左足外果 褥瘡)

生来二分脊椎。
H29年4月に左足に褥瘡ができ,大学病院でプロスタンディン軟膏が処方されて治療していたが治らないとのことで
同年10月に当クリニックを受診される。ズイコウパッドにて治療を開始。傷口は閉じたが,3ヶ月後に同じ部位が腫れてきたので
滑膜様の組織を切除する。現在もズイコウパッドで治療中。

褥瘡 二分脊椎7
《H29年4月 受診時》

褥瘡 二分脊椎1
《H29年7月23日》
傷口が閉じた。 治療終了。

~H30年10月に創面の腫れと赤みが出てきたため切開する~

褥瘡 二分脊椎9
《H30年12月 切開後2ヶ月目》

褥瘡 二分脊椎8
装具が当たることによりズイコウパッドが破れてしまうため,摩擦の加わる部分をガムテープで補強して治療を行っている。

2019-01-11 : その他 : コメント : 0 :

今日の症例(床ずれの跡がピリピリする)

70代 男性(左大転子部褥瘡瘢痕部の痛み)

左向きになって寝る習慣があり,以前,床ずれができてしまった。
時々,その部分がピリピリするとのことで相談があった。

褥瘡跡1
創面の乾燥(一部軽度挫滅あり)による痛みと,横になった時の圧迫による摩擦があると評価した。

褥瘡2
このように皮膚が再生した瘢痕上皮は脆弱であることから,痛みがあるうちはハイドロコロイド被覆材で保護するとよい。
被覆することで,硬い組織も軟化してしっかりとした組織になっていく。

2018-12-25 : その他 : コメント : 0 :

今日の症例(帯状疱疹)

80代 女性(腰部帯状疱疹)

11月上旬ころから腰の辺りがピリピリしていたが様子をみていた。
痛みが徐々に激しくなり,鏡で見てみると傷のようなものが出来ていたので,心配になり当クリニックに受診された。

【医師の説明】:これは帯状疱疹です。
抗ウイルス剤での治療と同時に傷の治療をしていきましょう。
治るまでに時間がかかりますので気長に様子をみていきましょう。
ガーゼを当てていたこともあり,創面が乾燥して一部が深くなっていた(受診時の写真はなし)。

帯状疱疹150
《受診10日後》
黄色壊死あり。
この時期は無理に切除すると出血するため,自然融解で様子をみていく。
そのためワセリン多め+プラスモイストで処置を行う。

帯状疱疹250
《受診17日後》
ワセリンを多めに塗ることでこのように壊死組織の融解が進む。

2018-12-03 : その他 : コメント : 0 :

今日の症例(肉芽の盛り上がり)

40代 女性(左膝蓋部粉瘤)

以前から左膝にできものがあり,最近急に大きくなってきた。
近くの病院を受診したが経過観察のみであった。
知人からの紹介で来院され,摘出の希望があったため粉瘤切除をおこなった。

切除後,ズイコウパッド・ハイドロコロイド包帯を1日1~2回交換していた。

盛り上がり
《粉瘤摘出後 34日目》
終盤,急にキズが小さくなり,肉芽がとび出てきた。

盛り上がり2
そのため,ステロイド軟膏+プラスモイストに治療を変更する。

盛り上がり4
肉芽も収縮して表面も上皮化している。

2018-10-12 : その他 : コメント : 0 :

今日の症例(レーザー治療)

50代 女性

顔のシミが気になり,近くの美容クリニックでレーザー治療をしてもらった。
その後は軟膏を塗って様子を見るように説明を受けたが,心配になり,翌日当クリニックに来院された。

レーザー1
《レーザー治療翌日》
傷を早く治す&遮光目的のため,照射した部分にハイドロコロイド包帯を使用して様子をみるように説明する。

レーザー5
《1ヶ月後》
ハイドロコロイド包帯を貼っていると痛みがなく,以前照射した部分よりキレイに治ったとおっしゃっていた。

2018-09-25 : その他 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板