今日の症例(左手熱傷)

30代 女性(左前腕熱傷)

空焚きをしていたヤカンに触れて左前腕にヤケドをして近くの形成外科を受診。
軟膏で処置をしていたが,跡が残ると言われて不安になり当クリニックに来院される。

熱傷1
《受傷16日目》
一部(濃いピンク部分)治っていない箇所があるのでハイドロコロイド包帯を使用する。

熱傷3
《受傷22日目》
色素沈着する時期のため,色が落ち着くまでハイドロコロイド包帯を貼ってUVカットをしていただく。

※皮膚の被れなどが出てきた時はUVカットのクリームやサポーターなどで保護していただき,
 遮光の期間は患者さんが納得するまでしてくださいと説明している。

2018-08-27 : 熱傷 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板