ハイドロコロイド被覆材

****『新しい創傷治療』より引用*****************************************

ハイドロコロイド・ドレッシング材

・シート状になっていて,外側が防水層,内側が親水性コロイド粒子を含む粘着面になっている。(中略)

 外側の防水層により外気から遮断されるため,特に仙骨部褥瘡では尿便失禁などから創面を保護することができる。
内側の親水性コロイド粒子は浸出液を吸収することで湿潤したゲルとなり,この湿潤環境が肉芽増生,上皮細胞の移動に最適の環境を提供する。なお,外気中の酸素を遮断するため,代償的に創部の毛細血管形成が促進されることになる。
創面のコロイド粒子がゲル化するため,創面に癒着することはない。

 新鮮外傷での使用では,薄いデュオアクティブが非常に有用。特に顔面の擦過傷では,皮膚の色調との適合性が良く,目立たないという長所を持つ。また指のように円柱状の部位の皮膚欠損でも,薄いデュオアクティブはしなやかで創面に適合しやすく非常に使いやすい。(後略)

・ズイコウ ハイドロコロイド包帯
 国内で販売されているハイドロコロイド材でダントツの値段の安さを誇っている。単位面積当たりの値段で比較すると,従来のハイドロコロイド絆創膏の1/5程度の値段である。
 包帯やガーゼのような「雑品」であるが,創傷被覆材としての治療効果は他のハイドロコロイド被覆材と全く同じであることは筆者が確認している。つまり,傷よりやや大きめに切って裏の紙を剥がし,傷に直接張るだけである。つまり,「創傷被覆材」として使用する商品である(もちろん,大金持ちなら「包帯」として使うことは可能。)。
 デュオアクティブより薄くしなやかでフィット感が良く,しかも接着力が強すぎないために,剥がす際の皮膚損傷が少ない(印象がある)。
 10×40㎝とサイズが非常に大きく,広範な傷,ヤケドでも大丈夫! もちろん,自由な大きさ,形に切って使える。

 また,恐らくハイドロコロイド全般に言えることだが,ハイドロコロイドは優れた紫外線カット機能を持っている。

********************************************************
  
ha1.png



2018-02-14 : 治療 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板