養護教諭の先生のひと工夫(絆創膏による湿潤治療)

【養護教諭の先生が考案された絆創膏による治療】

保育園・幼稚園・学校などの現場では,限られた予算のなかで治療をしなければなりません。
湿潤治療の被覆材は高価なこともあるため,養護教諭の先生方が湿潤治療の原理(乾かさない)を応用して
独自で治療材料を考案していたので紹介します。

養護教諭の先生の工夫8
一般的に使われている絆創膏を使用。

養護教諭の先生の工夫7
表面の不織布部分の空気穴をセロハンテープなどで塞ぐ。

養護教諭の先生の工夫3
傷口に当てる不織布の部分にワセリンを塗る。

養護教諭の先生の工夫4
そのままキズ口に貼る。

この方法ならば予算的に被覆材を揃えられない現場でも湿潤治療が行える。


2018-10-15 : その他 : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
素晴らしい工夫ですね!見習いたいです。良く原理がわかっているということですよね。
2018-10-19 08:59 : じぇみんまま URL : 編集
Re: No title
じぇみんまま様
そうなんです。
凄い発想ですよね。
養護教諭の先生方も湿潤治療が広まるように現場で奮闘して下さってます。
2018-10-19 13:50 : moisttherapy URL : 編集
No title
先日、百均のダイソーに、湿潤療法用のカットバンが売っていて、思わず買ってしまいました。
湿潤療法が安価にできると、普及が進みそうですね。
2018-10-25 08:55 : シャンシャン URL : 編集
Re: No title
シャンシャン様

情報ありがとうございます。
百均で湿潤治療の絆創膏が手に入る時代になったんですね。
早速,私も買ってみます。
2018-10-26 13:21 : moisttherapy URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板