今日の症例(ヤカンの湯気によるヤケド)

82歳 女性(右手指Ⅱ度熱傷)

朝,ヤカンの湯気で右手にヤケドをしてしまった。
自宅にある軟膏(不明)を塗って様子をみていたが,水ぶくれが出来てきたために心配になりクリニックを受診された。

治療材料:ハイドロコロイド包帯

症例1

症例5
《受傷当日》
水疱が出来ているのでその時は水疱膜を破いて被覆をするが,以外と見落としがちなのが水疱を形成していない他の部分である。
当日は肉眼的には熱傷範囲の判断が難しいので,患者さんが痛いと言われる部分は広範囲に被覆しておく。

症例2
《受傷2日目》
このように水疱形成以外の手指も受傷していることがわかる。
そのままハイドロコロイド被覆材を使用して,浸出液がなくなる(溶けなくなる)まで貼っていただく。
2018-11-06 : 熱傷 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板