今日の症例(床ずれの跡がピリピリする)

70代 男性(左大転子部褥瘡瘢痕部の痛み)

左向きになって寝る習慣があり,以前,床ずれができてしまった。
時々,その部分がピリピリするとのことで相談があった。

褥瘡跡1
創面の乾燥(一部軽度挫滅あり)による痛みと,横になった時の圧迫による摩擦があると評価した。

褥瘡2
このように皮膚が再生した瘢痕上皮は脆弱であることから,痛みがあるうちはハイドロコロイド被覆材で保護するとよい。
被覆することで,硬い組織も軟化してしっかりとした組織になっていく。

2018-12-25 : その他 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板