今日の症例(太もものヤケド・・化膿した状態)

40代 女性(大腿部Ⅱ度熱傷)

仕事中に太ももに油がかかってしまった。
近位を受診して軟膏(ゲーベンクリーム)+ガーゼで処置をしていたが,
徐々に痛くなってきたため,当クリニックを受診された。
現在治療している病気はない。現在も治療中。

感染
《受傷4日目 クリニック受診1日目》
体温36.8度 その他異常なし。
キズ口とその周辺にかけて赤くなっており,軽く腫れている。
足をつくと痛みがあるとのこと。

【医師の説明】
キズ口にバイキンがついて化膿している状態です。
抗生剤の点滴と化膿止めを処方します。
そのうちに収まってきますが,数日間はできるだけ安静にしていて下さい。
キズ口の治療は湿潤治療(ズイコウパッド+ワセリン)で治していきます。

※キズ口の表面を覆っている白いぷよぷよした膜(フィブリン膜)は取り除くこと。
 化膿している時は被覆材が創面に触れるだけで痛いため,ワセリンを多めに塗ることが多い。

2019-05-17 : 熱傷 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板