今日の症例(足の角質形成)

70代男性(左足底外側の角質形成)

2014年より左足にひび割れができて治らなくなった。
2016年にズイコウパッドを使用してなつい式湿潤療法で治療を開始。
2018年10月に潰瘍は治っているが,その後1ヶ月に1回,経過観察を行っている。

Inked角質形成1_LI
潰瘍であった部分(白い◯部分)の周囲に厚い角質を形成している。
このまま放置するとその下に膿がたまり化膿する恐れがあるため,時々角質を取る必要がある。

当クリニックではフットケア用のグラインダーなどの器械は無いため,事前に角質を取りやすいように柔らかくする必要がある。
その方法としてハイドロコロイド被覆材を貼る方法を取っているが,シールがベタベタしてしまって嫌だとの声があった為,
患者さんによってはワセリンを塗っていただき,角質を柔らかくしている。
毎日お風呂上がりに,ベタつかない程度に少量取って塗り込んでいるとのこと。

角質形成2
角質に油分が浸透して柔らかくなっているのが分かる。
その部分を医療用のハサミを使用して切除している。

2019-08-27 : その他 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板