患者さんのひと工夫(サポータを使用してパッドの固定とプロテクター)。

49歳 男性

3月下旬に湯たんぽで左下腿をやけどした。
近くのクリニックで治療していたが,受診してから2週間後に植皮術が必要だと説明された。
知人に話したところ,当院を勧められて来院された。
初診時,左下腿内側が全層壊死していたため一部切除し,その後はズイコウパッドで治療を続けている。

   患者さんのひと工夫③
1ヶ月後
壊死組織が融解している。引き続きズイコウパッドを当てる。
仕事中に足をぶつけてしまうとのことで,膝用のサポーターを使用して固定と創部のガードを行っていた。

2018-04-25 : 未分類 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板