患者さんのひと工夫

42歳 男性

7年程前に仕事中に足の甲をぶつけてしまい,近所の総合病院でガーゼと軟膏の治療をしていた。
傷がなかなか治らないため近くの皮膚科を受診したところ,当クリニックを紹介され受診の運びとなった。

【医師の診断・説明】
右足背全層皮膚欠損

打撲してしまったところに傷ができ,軟膏とガーゼの処置により治らないのでしょう。
まず湿潤治療を行っていき,それでも傷の治りが遅ければ足の血流の検査が必要となります。

治療材料:ズイコウパッド

ひと工夫1
足背3×2㎝の皮膚欠損  足背の血流(+)
現在もズイコウパッド+プロペトで治療を行っている。

ひと工夫
歩行時に靴が当たって痛みがあるとのこと。
そこで,市販のク○ッ○ス風サンダルの一部に穴を開け,創面を圧迫しないように工夫していた。

2018-06-13 : その他 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

moisttherapy

Author:moisttherapy
湿潤治療に魅了されて数十年。
病院に来た患者さんや家族を笑顔にしてお帰したい,そんな思いで今も治療にあたっています。日々,患者さんに教えていただくことを綴っていきたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

●掲示板